一戸建て不動産の住宅売買の際の媒介契約について

売買契約書ではなく、媒介契約書・・・日常聞きなれない言葉で、何のことだか?不動産の売買契約は一般的には契約書を作成して取り交わします。そして契約内容を記載した書面を、宅地建物取引主任者に記名押印させた上で交付することを義務づけています。では媒介契約書とはいったいなんでしょう。
家を購入しようと考えている物件が【媒介】と書いてありました。仲介の対義語だとばかり思っていたので仲介手数料取られなくて済む~と思っていたのですが、どうやら同義語のようです。これを知った時は本当にヘコみました。ええ。自分の無恥さに・・不動産会社を通して住宅の売買を行う際には、会社と自分との間で媒介契約を結びます。媒介契約は不動産会社に住宅などの売買仲介を頼む時に締結する契約ということができます。媒介契約の目的は、仲介として代行してもらうサービスの内容やその範囲、また手数料について双方が確認する為に行われることがほとんどで、書面によって交わされるものです。そもそも仲介というのは自分の代わりに様々な手続きなどを不動産会社に代行してもらうことを言います。しかしながら購入する本人でなければ出来ない手続きや、逆に会社でしかできない手続きもあり、そうしたものはこの仲介に分類されるものではないのです。互いの権利や責務についてはっきり線引きしておかないとトラブルに発展する可能性がありますからこの媒介契約を結ぶ必要があるのです。媒介契約は宅地建物取引業法の第34条で定められており、仲介を依頼された会社はこの法律に基づいて媒介契約を結ぶことが義務付けられています。私はこのような契約云々というものには本当に疎くてまったくわかりません。なので、このようなことがあった場合には親族に詳しい人がいるので頼ってしまうと思います。

山梨 不動産は甲府住販がサポートいたします。
436

Copyright ©All rights reserved.一戸建て不動産の住宅売買の際の媒介契約について.